工夫について

こうした交通事故その他の出来事以後に起きた後遺症による、弁護士の先生への相談の案件そのものはやはり、どうしても事後においての後遺症と相手方による運転行為との関連性を証明しなくてはならないといった必要性の面において、後手後手になってしまうといった、物理的な不可抗力といったものがある点が、やはり難点といえます。このため、わずかな証拠物や参考になるような過去の判例内容などを、網羅的に調べて保存しておく工夫といったものが大切です。

また、弁護士の先生との相談の際などにおいては、一度での相談に限らす、その弁護士の先生が納得する程の証拠物の収集や参考人・証人などの把握、協力者の確保等々、そういった用意物及び人員のあり方などの自信を目にさせて、そのうえで改めて続けて相談を続けていくという粘り強い流れのあり方のほうが、弁護士の先生としても自ら協力をしていく気にもなりますので、今話したような、粘り強い依頼のための相談への取り組み方の姿勢といったものは、非常に重要といえます。

そのくらいの用意や準備が出来なければ、弁護士の先生などは相談を受け付けてはくれないといった体質がありますので、まずはやはり、相談をする相手である弁護士の先生を納得させていく、誠意ある姿勢といったものが、非常に重要です。