交通事故になったら弁護士へ相談

交通事故、あるいはそれ以外の何らかの煽り行為や乱暴運転などにより、事後において幾らか時間や期間などを経たりした際、後遺症が発生あるいは発症したりした場合に、弁護士の先生の方へ相談をする形となります。

参照資料~交通事故の慰謝料問題の無料相談「弁護士法人 アディーレ法律事務所」

ただし、その後遺症のあり方そのものの特徴を具体的に、担当医師によるカルテなどを提示しながらでないと、ちゃんと相談を受け付けてもらえないような傾向があります。これ自体にはれっきとした理由があり、具体的な法律上の争訟に該当するあるいはその可能性がある案件でなければ、裁判上での事件として裁判所により受け付けられない場合(訴訟適格としての訴えの確認ともいいます)があるからです。

弁護士の先生などもそれをよく理解をしており、なるべくカルテなどをはじめとする書面などの具体的な証拠や参考物などとなり得るものとかが無ければ、相談そのものを受け付けないような傾向がありがちな感じでもあります。

とはいうものの、実は今話したカルテのような具体性のある書面などがあったりしても、それとの本人が体感をしている後遺症そのものとの関連性といったものについて、裁判所がそれの関わりが薄いと判断をしたりした場合には、訴訟適格が訴え提起そのものに無いなどと判断をして却下してしまうような恐れさえも無いではありません。このくらいに裁判あるいは調停・仲裁・和解などにおいても、具体性が無ければ裁判所が取り上げてくれないような現状があります。